キャリアプランを実現化するためには

IT業界では、エンジニアに対する需要に対して、供給は不足しがちだと言われています。
IT人材白書では、2015年版で日本におけるITエンジニア人口はおよそ84万人とされています。
技術者に関して転職市場では、売り手市場とされている理由は、市場自体にエンジニアが極めて不足しているという背景があります。
そのため、キャリアプラン 転職を考えているなら、妥協せずに様々な会社の条件を比較し、自分の希望する条件に合う会社を選択するのが賢明と言えるでしょう。

一方、キャリアプランとして、出世を経て管理職に就くことを視野に入れているなら、話は少々異なります。
現在の会社に満足しているなら、なるべく転職の回数は少なめにして、1社で長期間働きながら信頼度を上げて昇進することを目標にしましょう。
その際にポイントになるのは、上司からの評価が上がるように仕事をこなすということです。
昇進の権限を有している上司に実力を認めてもらえないと、昇進が厳しくなるためです。

また、プロジェクトマネージャを狙うなら、日々の仕事をコツコツこなすと同時に周りとのコミュニケーションを大事にしながら信頼感を築くことが大切です。
通常の業務を滞りなく遂行し、プログラマーやSEなどのキャリアを堅実に重ねていくことで、将来的にプロジェクトマネージャの道が開けてきます。
さらに、コンサルタントを目指す人は、コンサルト業務に関する勉強はもちろん経験を積む必要があります。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>